20210603_181738_edited.jpg

THE SECOND ACT

​企画・製作

20210603_150819.jpg

白い空間で行われた稽古。

演劇にルールはない。

一発撮りの芝居をすること。

ただそれだけである。

今から披露するのは、

稽古を経た二度目の芝居。

一度目とは違う表現での一発撮りで、

何をみせてくれるだろうか。

THE SECOND ACT

とてつもない集中時間からすぐ。僕は、その彼に、あるいはその彼女に魅了され、参考にし、一緒にまた世界を構築する。皆、大きな安堵と共に大きく息を吸い、自分のみで描いてきた世界の膜を破り、新たな空気をその世界に取り込む。この作業こそが、役者たちにとっての答え合わせのようなものであり、新たな発見と、その世界に少しばかりの着色を施すのだ。ここには稽古をする喜びがあって、元々、お芝居というのは、演劇でも映画であったとしても、総合芸術であり、誰かと創造するということが、大前提であり、その瞬間と時間が結局好きなのだ。しかしこの時間の僕の役割は、少しのガイドをするだけで十分で、その道筋に、電灯を建てたり、コンビニのような休憩ポイントをつけたり、その道にある景色の整備をする、ということだけ。たったそれだけに、全力を注ぎたい。                            

                                        日野祥太

​倉持聖菜

「​かもめ」

丸山正吾

​「世界に明かりが広がる、少し前のこと」

福井夏

​「隔たりがあるところには、いつも毒。」

​江益凛

「届かない、そこの扉よ」

花奈澪

​「異色

江守沙矢

​「アフガンの地で田植えを成せたわたしの父親について」

20210603_150819.jpg
20210603_145139.jpg